タオルの製法

HOME > タオルの製法

タオルの製法

顔料プリント


少し硬いインクを使用して、生地の表面にだけ色をのせていきます。にじみの少ない仕上がりになりますので、他の製法に比べて、細かい図柄の表現が可能です。

また、他の製法に比べて、比較的低コスト・短納期で製作可能です。

また、表面にだけインクがのっているので、濃い色は特に硬く、色落ちがしやすいので、プリント面積が大きい場合はお勧めできかねます。


タオルの種類最低製作枚数サイズ
バスタオル60枚〜約75×140cm
スポーツタオル60枚〜約40×115cm
マフラータオル60枚〜約21×120cm
フェイスタオル120枚〜約34×84cm
ハンドタオル240枚〜約34×40cm



染料プリント

比較的柔らかいインクを使って、生地の奥まで色をしみこませるプリント方法です。

手触りが柔らかい仕上がりが特徴で、濃い色にはお勧めです。

プリントの色に光沢があり、発色性に優れていますが、にじみやすいので、細かい図柄には向いていません。

顔料プリントとは違い、若干納期がかかります。

タオルの種類最低製作枚数サイズ
スポーツタオル100枚〜約40×115cm
マフラータオル100枚〜約20×112cm
フェイスタオル100枚〜約34×85cm



毛違いジャガード

パイルと呼ばれる(ループ)の部分に使用する、糸を2色の異なる色で織りあげて図柄を表現します。、表に出る色と裏に出る色が異なり、図柄が反転して、リバーシブルのようになります。

パイルで、図柄を表現しますので、細い線は表現出来ない場合がございます。

タオルの種類最低製作枚数サイズ
バスタオル100枚約60×120cm
スポーツタオル100枚約40×110cm
マフラータオル100枚約20×110cm
フェイスタオル100枚約34×84cm



捺染

捺染とは、タオルの下地の横糸に、特殊な加工をした糸で織り上げ、名前入れをして、漂白すると、横糸だけに反応して色が出て、文字や図柄が表現されます。
印刷とは違い、タオルの柔らかさは保たれ、洗濯にも比較的色落ちは少ないです。
パイルには、色が着かず、下地の横糸のみ色が着きますので、細かい図柄・文字には不向きです。
また、表現出来る色に限りがあり、紺・赤・小豆・オレンジのみです。


印刷タオル

一番ポピュラーな、名前入れの表現方法です。
お店のPR用の粗品や、オープン記念、会社の販促など、様々の方に使われています。
関東方面では、年末年始のご挨拶に、手ぶらで行くのではなく、「ちょっとタオルでも」という感覚で持って行かれます。
関西では、あまり無い風習ですね。

ご利用案内

送料について
送料は北海道・沖縄・離島を除き、
3150円以上お買い上げのお客様は無料です。
それ以外は、一律630円です。

返品・交換について
万が一、不良品が発生した場合、当店の方に、着払いで返品して下さい。
すみやかに、返金処理致します。
なお、商品到着後7日以内にメールまたは電話でのご連絡をお願いします。それを過ぎますと、返品はお受けできなくなりますので、ご了承下さい。

納期について
〇銀行振り込みの場合ご入金確認後の商品作製して、約20日から30日後の発送となります。
〇代金引換の場合は、ご注文後の商品作製して約20日から30日後の発送となります。

個人情報について
お客様からお預かりした大切な個人情報(住所・氏名・メールアドレスなど)を、 裁判所・警察機関等・公共機関からの提出要請があった場合以外、第三者に譲渡または利用する事は一切ございません。